What’s KIN-BALL sport?

KIN-BALL(キンボール)は、 直径122cm、 重さはわずか約1kgのボールです。

メインのキンボールスポーツ・コンペティションゲームは、このキンボールを使用し、4人1組で構成されたチーム (おのおのピンク、グレー、ブラックに色分けされた3チーム)が 最大20m×20m四方のコートサイズ内でヒットやレシーブを繰り返すゲームです。
※国際大会ではピンクの代わりに、ブルーを使用する場合もあります。

その他にもキンボールを使った様々なプログラムがあり参加者に合わせて楽しむことができます。


特 徴

1. ボールサイズ

巨大で軽量、しかも丈夫でファショナブルなボールは他に類するものが見当たりません。アドバルーンのように軽く大きなボールを想像して下さい。決して大玉転がしボールと同一視しないでください。

 

2. 3チームでゲームする

通常、他の競技はA対Bが対戦概念ですが、A対B対Cがキンボールスポーツのメインのコンペティションゲームの対戦です。同時に3チーム(1チーム4名)が競います。ルールを読むだけでは、その楽しいところは理解し難いですが、プレーを始めれば、すぐに納得できます。

 

3. 必ず声を出して指示

チームの3名がボールを支え(下記写真参照)、1名のメンバーがボールをヒットする前に、1名(だれでもよい)が他チームのいずれかのチームカラーを、声を出して指定します。この時必ず※「オムニキン」という言葉を相手チームカラーの前に発声します。例えば「オムニキン、ブラック」と発声した後ヒットしなければなりません。

※オムニとは、すべてのという意味。キンはキネスシス(運動感性)の略語。いわば「すべての人が楽しめるスポーツ」という造語であり、かけ声。

 

4. コンセプトスポーツ

他のアレンジスポーツ種目ではなく今の時代に生まれるべくして生まれた、オリジナルでコンセプトのはっきりしたスポーツです。

 

tokucho_img3


コンセプト 「共遊」「主体」「創造」

『共遊』

★ コートでプレーできるプレーヤーは1チーム4名ですが、最大8名まで登録でき、プレーヤーは何回でも自由に交代できます。従って、3チーム最大24名がゲームを楽しむことができます。

 

★ ”巨大なボール”を床に落とさないようにするには全員の協力が必要なため、一体感を味わうことができ協調性を養う事ができます。

 

『主体』

★ 122cmの”巨大なボール”は見た人の好奇心を刺激し、誰でも「触ってみたい!遊んでみたい!」と自ら進んでゲームに参加します。

 

★ ヒットの時には相手チームの色を大きな声でコールしなければなりません。ゲームを通して能動的姿勢が培えます。

 

★ ヒット時にチーム4名全員がボールに触らなければなりません。自ら積極的にゲームに参加しなければ成り立たない競技です。

 

『創造』

★ ルールは参加者の年齢、経験、体力などの条件に応じて一部変更することが認められています。柔軟なルールバリエーションがこのスポーツを子どもから高齢者まで楽しめるスポーツにしています。
★ コンペティションゲームだけでなく、リードアップゲームと呼ばれる段階的プログラム(ボール遊び)は代表的なもので現在30種類以上の種類があり、これらは指導者だけでなく参加者も創意工夫し、互いにつくり出していくものです。

 

concept_img4


生まれた背景


キンボールスポーツの「キン」は、英語の「キネスシス(kinesthesis)」の略で「運動感覚」の意味。

従ってキンボールスポーツとは、直訳では運動の感覚を楽しむボールゲームとなります。運動神経を磨いたり、競ったりする一面的な記録主体の競技でなく、運動による感性創出すなわち「励まし、助け合い、感動の共有や協調性を高める」そんなコンセプトを具現化したスポーツがこのキンボールスポーツと言えます。

社会や経済の成熟・衰退化は、人と人の関係を弱めたり、生きがい感の喪失、強い精神ストレスの発生など多くの問題を生じせしめています。キンボールスポーツのデビューは、このような背景の中から「共に生きる力をつける」ことをテーマに、カナダ・ケベック州マリオ・ドゥマース氏によって創案されました。

コンペティションゲームのヒット時はチーム全員がボールに触れていなければなりません。さらにヒットは同じ人が2度続けて打つことはできません。よって全員が参加できる画期的なゲームです。

 

haikei_img3


歴史


キンボールスポーツ創案者のマリオ・ドゥマースは、1982年カナダのモントリオ-ル大学体育学部を卒業し、体育の教師をしていました。そこで彼はわが国と同じように若年層の無気力感や他人事には無関心である実態に接し、ある種の危機感をいだきました。

彼は、専門のスポーツによって「生きる喜びなど感動の共有や協調性を高める」ことがこれからのスポーツの重要な使命であることに気付き、試行錯誤の上このキンボールを生みだしました。それは、1986年カナダケベック州でのことでした。同時にケベック州キンボール連盟が政府公認のもと設立されました。

以来、カナダはもちろんアメリカでも多くの学校 (5000校を超える)や地域で採用され、現在わが国やベルギー、フランス、ドイツなどのヨーロッパにも広がり500万人以上の人々が楽しむワールドゲームに発展してまいりました。


キンボールスポーツ創案者のマリオ・ドゥマース


| キンボールスポーツ(コンペティションゲーム)のルール

1チーム ゲーム出場4名×3チーム  交代要員各チーム4名迄 1チーム計最大8名

用 具


・キンボール 1個
・ブロワ(空気入れ) 1個
・ゼッケン 3色×最低4枚以上
・スコアボード 1個
yogu_img2

設 定


・コートの大きさは最大20m×20m四方の大きさとする。

・コートは正方形である必要性はなく、体育館の大きさ等に合わせて長方形でもよい。

・境界線としてラインをひく。

ルール


1. ピンク、ブラック、グレーの3チームで競う。※ワールドカップ等の国際大会ではピンクの代わりに、ブルーを使用。

2. あらかじめ各チームごとに登録メンバー全員がチームカラーを示すゼッケンを着用しておく。専用のサイコロを使用し、最初のヒット権を決める。サイコロがない場合、3チームのキャプテンがじゃんけんをし、勝ったチームがヒット権を得る。

3. レフリーの指示の後、コートに入る。

4. ヒット権を得たチーム:
コートの中央で(ゲーム開始時・ピリオド開始時のみ)、ヒットチームのヒッター以外がボールを支える。
ヒット権を得たチーム以外の2チーム:
コート内に陣地の区分はないので、各チーム4名でコート内すべてを守れるように守備につく。

5. 試合の開始はレフリーの合図(笛)により開始とする。

6. ヒットはヒットチームの1名が、※必ず「オムニキン」と言い、続いて「レシーブチームの色」(自チーム以外のどちらか)をヒット前に大きな声でコールしてからヒット(腰より上のみを使用し、手や腕等でボールを打撃する事)する。ヒットの瞬間は4名全員がボールに触れていなければならない。
※必ずしもヒッターが言う必要はない。オムニキンと色は別々の人がコールしても良い。但しそのつど必ず1名のみとする。

7. ヒットされたボールは指定された色のチーム(レシーブチーム)が床に落ちる前にレシーブ(全身使用可)する。

8. レシーブ成功後、自チーム以外のどちらかに上記4. 6.と同様にヒットする。ラリーの途中は上記5の笛の合図はない。

9. レシーブまたはヒットに失敗すると、失敗したチーム以外の2チームに1点ずつが加算される。

10. その後のゲーム再開は、失敗や反則をしたチームが失敗や反則を犯したところから (2.4mの範囲内で)ヒットして再開。

11.
・点数制の場合、1チームが決められた点数に達した段階で最下位のチームが1チームが抜け、残り2チームで戦い、最終的に定めらた点数に達した時点でピリオド(またはゲーム)終了。公式ルールは最初の決められた点数:11点 最終的に定めらた点数:13点。
※時間等にあわせて奇数ならば変更してよい。

・時間制の場合、タイムキーパーからの終了の合図でピリオド(またはゲーム)終了。
rule_img5

主な反則


<ヒット時>
・コンタクトミス:
ヒットの瞬間、味方のプレーヤー全員ボールに触れていなかった場合。

・コールミス:
正しくコールしなかった場合。

・ショートヒット(短いヒット):
ヒットしたボールがボールの直径の1.5倍、1.8m以上飛ばなかった場合。

・ダウンワードヒット(下向きのヒット):
ヒットしたボールが床と水平以上の角度で飛び出さなかった場合。

・アウトサイド:
ヒットしたボールが直接コート外に落ちた場合。

・トゥワイス(連続ヒット):
1人のプレーヤーが2回続けてヒットした場合。

<レシーブ時>
・レシーブミス:
ボールが床につく前にレシーブできなかった場合。

・アウトサイド:
レシーブしたボールがコート外に落ちた場合。またはレシーブ時、両足がコート外にある場合。

・タイムオーバー(10秒ルール違反):
1番目のプレーヤーがレシーブのためにボールに触れてから、10秒以内にヒットしなかった場合。

・タイムオーバー(5秒ルール違反):
レフリーのホイッスル後5秒以内にヒットしなかった場合。

・ウオーキング:
3番目のプレーヤーがボールに触れたらその時点でボールに触れているプレーヤーとその後にボールに触れたプレーヤーは軸足を動かしてはならず、そのことに違反した場合。

・トラッピング:
ボールを両腕等で抱え込んで保持した場合。

・イリーガルキャッチ(違反キャッチ):
ボールのナイロンカバーや空気挿入口の部分を掴んだ場合。

★反則を犯した場合、他の2チームに1点が与えられる。

<チーム(ベンチを含む)がアスリートらしくない行為をした時(故意に行う妨害、暴言、暴力など)>
・他の2チームに1点が与えられる。

・個人的な警告をマイナー警告(イエロー)2回またはメジャー警告(レッド)1回受けた場合、その個人は退場となる。交代選手を入れて続けるが、控えの選手がいない場合は当該チームは失格。その後2チームで試合を行う。

・チームで4回目の警告を受けた場合、当該チームは失格。その後2チームで試合を行う。

補 足


選手交代は何回でも自由にできる(ただし、ゲームの中断時に限る)が、どんな時でもコートにいるのは1チーム4名でなければならない。5名以上コートにいた場合、反則となる。

勝 敗


・ワールドカップ等の国際大会、3ピリオド先取
いずれかのチームが3ピリオドを先取した時点で試合終了

・ワールドカップ等の国際大会以外の大会では、ピリオドの数、試合時間および勝敗の決定方法(ピリオド先取制、総得点制、総勝ち点制など)はその国の連盟もしくは主催国の連盟が決めるものとする。

・日本では大会主催者がピリオドの数、試合時間および勝敗の決定方法を決めるものとする。
※日本の大会では現状7分または10分1ピリオドの時間制の予選を3ゲーム行なう場合が多い。
hosoku_img


| リードアップゲーム

★リードアップゲーム関連資料(PDF)

リードアップゲーム位置付け、意義、注意点

1. リードアップゲームは指導者、参加者がともに状況(参加者の年齢、性別、体力、人数、会場の広さ、用具の数、季節など)に応じてアレンジをし、また新たに創造するものです。

2. ボール操作に慣れる事、交流が持て、自然に笑顔がこぼれるような楽しいゲームを考えましょう。

3. リードアップゲーム時のけがの発生事例もあるので、「楽しさ」よりは「安全面」を優先しましょう。

人気のあるリードアップゲームの紹介します。

■ ジャンケンゲーム

人数:10人以上 場所:体育館・障害物のないオープンスペース
用具:キンボール
目標:ボールを自チームのゴールラインまで運ぶ

【ルール】
各チーム縦1列で20m程度の間隔で並ぶ。中央にボールを置き、指導者の合図により各チームの先頭者がボールの所まで走りジャンケンをする。ジャンケンに勝ったチームはそのままボールを転がし、負けたチームは次の人 がスタートしてボールの所まで走り、ジャンケンをする。ジャンケンをしながら先に自チームのゴールラインまでボールを運んだチームが勝利チームとなる。
readupgame_img
lup_img
【注 意】
相手が転がしてくるボールに激しくぶつからないように指導する。
別バージョンとして各チーム2人組を作り、ボールを持って運び、ジャンケンをする方法もある。

■ サークルリフティング

circle
人数:1チーム6~10人、2チーム以上
場所:体育館・障害物のないオープンスペース
用具:キンボール
目標:各チーム手をつないでサークルを作り、頭や足など手以外の身体の部位を使ってボールをリフティングする。このゲームの目的はチーム一丸となってボールを追いかけること。

【ルール】
手をつなぎ、サークルの中央にボールを置く。
手を使わないでボールを上に上げる。
円の外にボールが出そうになったら、手をつないだままみんなで協力して動く。
みんなで数えながら、最も多くボール・リフティングができたチームが勝利チームとなる。

【注 意】
同時に2チーム以上行う時は、チーム間の安全に留意する。
頭や足でボールを受ける場合の注意点を最初に説明する。 足の場合は足のつま先を立てず床と平行で、頭の場合は顎を引くなど。


| 用具・備品


kin-x

 

 

 

 

 

 

左上から
・スコアボード (ゼッケンと同色の表示があるもの)
・キンボール (カバー)
・電動ブロワ
・収納バッグ
・キンボール (インナーボール)
・ゼッケン (3色)

キンボールのボールスペック

ボール名称 大きさ 構造 重さ 荷重耐久 特性
キンボール 122cm 2層 1kg 100kg 表面はナイロン、インナーボールはラテックス製。インナーボールが破れても安全で、部品交換可能。
大玉転がしボール 120cm 1層 5kg~ 60kg 破損すると危険。
他の軽量ボール 120cm 1層 3kg~ 50kg 破損すると危険。部品交換不可。

ballspec1

ballspec2電動ブロワ(空気入れ)であれば、約1分で膨らみます。

| 購入について

キンボールスポーツ用具・備品すべて取り扱っております。

(2006年度からの業務委託により、 NPOフレンドリー情報センターが代行して行います。)

価格、取り扱い詳細については、こちらまでお願い致します。

参考写真ページ(メーカー:サンラッキーページ)はこちら
※このリンク先のページの値段は旧価格となっていますので、ご注意ください。

サポーター(会員)資格を持たれている方またはその所属団体には、キンボールスポーツ普及のために、特別価格にて販売致します。

★お問い合わせは
NPOフレンドリー情報センターまでメールまたはファックス(06-6981-7470)にてお願い致します。

★お申し込みは
お申し込みの際はこちらの注文書をお使い下さい。
メールまたはファックスにてご連絡ください。


当連盟ではピンク、ブラックに続いて、プレミアムグレーボールを2007年4月より発売しております。このボールもブラック同様、当連盟オリジナルです。3色使ってのリードアップゲームを是非行ってみましょう!

ball1
品番 JKF-100G
一般価格 ¥54,000(税別)
会員価格 ¥39,800(税別)
ともに送料込み

「キンボール・ブラック」をカナダ・ケッベク州政府、国際キンボール連盟の補助、協力を得て発売する運びとなりました。キンボールスポーツの母国カナダではピンクとブラックが同程度使われています。

ball2
品番 JKF-100BB
一般価格 ¥54,000(税別)
会員価格 ¥39,800(税別)
ともに送料込み

| 商品のご案内

『キンボールスポーツ ルールブック2015年度版 』

当連盟の基本方針として、世界共通認識としての「ルール」は1つであるとの観点により、国際キンボールスポーツ連盟が定めた公式ルールをすべて採用しています。しかしながら、公式ルールはいつ、いかなるときでも必ず適用しなければならないというものではなく、対象者、レベル、状況等に応じて、ルールを変更することが認められています。
2008年より年1回新たに販売するルールブック。2015年度版には、2015年度からの変更点を含めた国際キンボールスポーツ連盟制定の「公式ルール(国際ルール)」と、地域での大会時に申し合わせ事項の参考になる「フレンドリールールバリエーション」を掲載しています。

JKF-R / キンボールスポーツ ルールブック / ¥1,080

★ご注文はこちらからどうぞ★


| レンタルについて

1)レンタルについて(PDF)
※所定の用紙提出、先着順となっておりますので、お早めに申込みください。用具に限りがありますので、レンタル不可となる場合もあります。

2)レンタル価格表(PDF)

3)レンタル申込書(word)